Spineで広がるアニメの世界

  1. Spineで広がるアニメの世界
  2. 広がる創作の世界

広がる創作の世界

最新映画といえば、アニメーションや実写に関わらずフルCGで制作されたものが思い浮かぶのではないでしょうか。
フルCGでの映像制作はもはや業界の主流といっても過言ではありません。

しかし、たとえ最新フルCG技術によって制作された映像であっても、全ての制作の中心となるイメージボードと呼ばれるアイデアスケッチは今も手書きのイラストであることがほとんどでしょう。
イラストや漫画、小説の原作を映像化するということであれば尚のこと、元のイメージボードが重要になるのは間違いありません。

そして、そうした原作ありきの映像化企画に付き物といえば「イメージと違う」という嘆きではないでしょうか。
従来のCGアニメーション制作では、自分たちの技術で表現できる動きや質感の限界にキャラクターを合わせる必要があるうえに、莫大な予算や時間をかけられない場合は様々な点で妥協しなければいけない都合もあったはずです。
原作のイメージが強ければ強いほど、映像化された時にがっかりした経験のある人も少なくないかもしれません。

「スパイン」は、そのようなアイデアスケッチとアニメーションのイメージの乖離を限りなくゼロにしてくれる制作ソフトです。
元のイメージそのものをアニメーション化できるため、わざわざアニメーションにするために簡略化されたグラフィックや妥協されたストーリーを用意する必要はありません。
骨格データとポリゴンをイメージに合わせて調整すれば、たった一枚のイラストが生命力と躍動感に溢れるアニメーションへと変身するのです。
「スパイン」は思い描くままの世界をアニメーションで表現するための大いなる手助けになるでしょう。